2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/25 (Sat) 誤り続ける国策

去年の台風12号の威力は凄まじかった。熊野川の氾濫、日高川の氾濫 そして紀伊半島で90人以上の行方不明者。
うちの前にも川が流れててはいるのですが、渓谷を縫うように流れているので氾濫まではいきませんでしたが、それでも恐怖を感じさせる唸りをあげていました。

熊野、日高川に共通することは両方とも河原が広くその先に平地が連なる地形でこれが致命傷になり、川岸の民家を飲みこんでいきました。

私が復旧工事に出向いた民家では川岸から100m程離れているにも関わらず、2階の押し入れまで川砂で埋まり、その増水の凄まじさを見せつけられました。

熊野川については調べていませんが、日高川の氾濫は間違いなくダム建設による人災といっても良いでしょう。なぜダムが原因だったのか? 大雨で満水状態になったダムを一気に開門した結果あのような大災害を招いたと地元の人は誰しも思っています。

大雨で山崩れが大規模で起き、山間部でも多くの人が亡くなりました。

0908-MKh02.jpg
0908-MKh03.jpg
0908-MKm05.jpg
全て植林の山々



テレビで流していたせき止め湖も山崩れが原因で川をせき止めてしまい、崩壊の危険性があるため付近の方々は現在も非難をよぎなくされています。

テレビでは一切報じていませんが、明らかに昭和30年頃から始まった「植林政策」の結果である事は間違いありません。
なぜか? 戦後の復興のために木材需要を見据え、国が補助金を出し広葉樹などの自然林を伐採し、代わりに針葉樹の杉 桧などの植林を促しその需要に応えるものでした。しかし杉、ヒノキにしても今日明日で製品化になる訳ありません。最低でも30年~40年かかります。
その間、国は栄え、核家族化が進み地方から都市部に人口が流れ、結果山林はその担い手を失い何十年も手入れをされず放置された杉 桧。

仕事で山々に行った時、目にする杉、ヒノキの植林は惨憺たるものです。木はやせ細り地面は草も成長出来ないほど日が当らず枯れ落ちた杉やヒノキの葉が堆肥となり重なりあってるだけです。
当然保水力も無くなり、根も張りませんから地盤が弱くなり、そして山崩れを引き起こすのです。自然林と違い人工林は人間が手を加え維持しないと破滅がまってます。山が死んでいくのです。

最低30年以上経過しないと採算性のない植林政策、なぜ当時のリーダーは見抜けなかったのか?地方の集票目的であることは明確です。
戦後の国策は政治家が利権や集票目的での国策を立案し、地域迎合型の誤った国策が多く、現在もなおそのツケが国民全体に回って来てます。外交問題もしかりですね。世の中の流れは一瞬では変えられません。いま国民は次世代へ現在の禍根を継承させてはいけないと考えます。次世代に未来を託す現国民として。


次回は和歌山の解りやすい無駄な公共事業を叩いてみます。

酔っぱらい日記 ブログランキングへ
紀州備長炭は日本一だと思う方はクリック

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

政治ネタ | trackback(0) | comment(6) |


<<日本人の矜持 | TOP | 祭りの始まり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


自然に背を向け人はおかしくなった? 

復旧工事に参加されたんですか、
自衛隊の方達も大変苦労されたようですし、
ありきたりな言葉で恐縮ですがお疲れさまでした。

むかし大工やってたんですよね。
大工さんって器用な人が多いですネ。
古い家屋を解体すればよくわかります。
宮大工など日本職人の知恵と言いましょうか、
スゴイ・・と、つくづく尊敬してしまいます。
「込み栓」打ち込んで先っちょ切り落としてるから取れやしない。
何してくれてんネン、昔の大工野郎ろろぅはよぉって腹が立つことも・・

話しは変わりますが☟コノ動画の4分あたりから、
自然破壊に直結する恐ろしい事を言ってます。
オヒマならぜひ見てくださいよ。
【新井俊哉】元自衛官農業者が語る「食」の安全保障[桜H24/2/21]
http://www.youtube.com/watch?v=d_Q3CzLgddg&feature=channel

2012/02/25 22:26 | ヤハウエ [ 編集 ]


Re: 自然に背を向け人はおかしくなった? 

いつも楽しいコメントありがとう
宮大工は憧れてましたけどね~ 釘を一本も使わない木造建築は日本の誇りですね
最近も新宮市と那智勝浦行ってきましたけど、まだまだ台風の爪痕が生々しいですよ。橋が崩れ落ちたままだとか道がなくなったりとか・・
自衛隊の隊員には感謝せずには居られませんよ、活動を目の当たりにしたら

2012/02/26 07:10 | としぼん [ 編集 ]


おはようございます 

実は・・・としぼんさんが以前和歌山に行くとおっしゃっていらしたのを思い出して昨年の災害の時とても気になっていました。

山というのは人が入って山林の手入れをしないと荒れ放題になるというのは、山梨でもききました。
植えるだけ植えてあとはそのまま、その結果がこれでは何をかいわんやですね。
国内でこうなんですから外交のことを思うと暗たんたる思いをさせられますね。

としぼんさんの本領発揮という感じのブログにうれしい思いです、楽しみです!

2012/02/26 10:45 | 見張り員 [ 編集 ]


 

こんにちは。

>明らかに昭和30年頃から始まった「植林政策」の結果である

それはそうですが、一概に「悪」と決めつけてしまうのは当時の政府があまりにかわいそうな気がします。 

http://www.shinrin-ringyou.com/ringyou/

ところで、【おうちラジオ】第14回「風景」が人をつくる でもそこら辺もお喋りしてます。 

http://zaigainihonjin.iku4.com/Entry/29/

宜しかったら炭窯のお供に聞き流して下さませ。 もうご存じだとは思いますが、ここで話している宮脇先生「鎮守の森」 もしまだでしたら是非お読みくださいな。

ついでに私の夫(フランス人)は、日本で炭窯つくって炭つくっていました。その窯の作り方描いたノート、今でも手元にあります(^_^)v





2012/02/27 01:08 | まるこ [ 編集 ]


Re: おはようございます 

> 実は・・・としぼんさんが以前和歌山に行くとおっしゃっていらしたのを思い出して昨年の災害の時とても気になっていました。
>
> 山というのは人が入って山林の手入れをしないと荒れ放題になるというのは、山梨でもききました。
> 植えるだけ植えてあとはそのまま、その結果がこれでは何をかいわんやですね。
> 国内でこうなんですから外交のことを思うと暗たんたる思いをさせられますね。
>
> としぼんさんの本領発揮という感じのブログにうれしい思いです、楽しみです!

いつもコメントありがとうございます。台風12号はとにかく凄かったです。三日三晩、豪雨ですよ。おかげで雨漏りしちゃったし・・

2012/02/28 16:43 | としぼん [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

> こんにちは。
>
> >明らかに昭和30年頃から始まった「植林政策」の結果である
>
> それはそうですが、一概に「悪」と決めつけてしまうのは当時の政府があまりにかわいそうな気がします。 
>
> http://www.shinrin-ringyou.com/ringyou/
>
> ところで、【おうちラジオ】第14回「風景」が人をつくる でもそこら辺もお喋りしてます。 
>
> http://zaigainihonjin.iku4.com/Entry/29/
>
> 宜しかったら炭窯のお供に聞き流して下さませ。 もうご存じだとは思いますが、ここで話している宮脇先生「鎮守の森」 もしまだでしたら是非お読みくださいな。
>
> ついでに私の夫(フランス人)は、日本で炭窯つくって炭つくっていました。その窯の作り方描いたノート、今でも手元にあります(^_^)v

植林は江戸時代からあったようですが、その時代は大きくなったら伐採しきっちり管理してたそうですね。
おうちラジオは聞かさせて頂いてます。やっぱり文書より伝わるものは大きいですね。俺は多分緊張してどもってしまうかもですw 

そうですか、フランス人の御主人が炭焼きを・・素晴らしい きっと日本文化を理解して日本を愛してくれてるのでしょうね。ありがたい事です。 出来ることなら紀州備長炭の凄さを肌で感じて頂きたいですね。俺は燃料としての炭も問屋さんに流しているわけですが、個人的にはインテリア的な物も考えていて自然に伸びたままの原木を焼いています。他の炭焼き達は「木ごしらえ」と言って曲がってる原木は切り目を入れてまっすぐにしてしまう為、曲がりくねった炭はあまりありません。俺はあえて曲がりくねった、自然の形の炭にこだわっているのです。 
これからも宜しくお願いします。

2012/02/28 16:53 | としぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://toshibon0303.blog.fc2.com/tb.php/7-247aec00

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。