2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/06 (Tue) 鵺の高笑い


酔っぱらい日記 ブログランキングへ
紀州備長炭は日本一だと思う方はクリック


出来るものならもっと日本列島を東に移動したい、と思ってる方クリック




先の大戦後、平和・平等・人権を至上の価値と疑わず、日本人でありながらその自分の国を陥れる究極の自己否定の人々。激動の時代であれば袋叩き、半殺しはまのがれない自国を否定する人々、「個」の権利だけを叫び、疑う事を放棄した多くの国民が、そいつらとタイアップして出来上がった、鵺の高笑い的民主党。もうすでに沸点に達したと言っても過言ではあるまい。

しかし奴らに大きな誤算が生まれた。それは統制出来ない情報の流通、ネットの誕生である。最近騙されてきた多くの国民が目覚め始めてる事実に気付いた連中は、聞こえは良いが「人権擁護法案」という法案の成立を目論んでいる。簡単な話がネット上でも自分たちに都合の良い言論統制を図るものだ。

どこの国でも右派・左派は存在するが、日本では両者とも絶滅したのではないだろうか?右派といえばその代名詞の街宣右翼、皇居近くや靖国神社付近で大音量で音の公害をまきちちらし、愛国≒迷惑者というイメージ作りに余念がなく、左翼といえば国家を陥れる事が最大のイデオロギーであり、最終目標が支那に日本を譲渡すべき工作に余念がない。どちらとも世界共通の(右派・左派)の観念から大きくずれてしまっている。

右派・左派 表現を変えてみると保守(右派)改革(左派)という対軸が現在の政治にはみれるが、ここでも大きくずれが生じてしまっている。本来保守という考えは旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすることだと思うが、現在、保守の筆頭といわれる自民党がはたして伝統・文化・風習を重んじる行動をとっているのだろうか?甚だ疑問だ。保守王国といわれる和歌山県が選出してる議員は自民党の媚中の筆頭政治家、二階俊博

新幹線をシナに売り渡し、東シナ海のガス田問題で当時シナと対峙していた故中川氏に横槍をいれ、その交渉を頓挫させ、挙句の果てが和歌山県田辺市の公園に江沢民のサインの入った石碑を建てたシナにとっては功労者の一人だ
なぜ、当選を和歌山で重ねていったか、それは和歌山県民が日本国を憂慮せず、自分たちの既得権益だけを尊重し、本来の国の形などどうでもよいといった民意がそこにあるからだ。ようするに「個」のためなら「公」の犠牲はいとわない、健全な国家があってこその地方の繁栄なのだが、それすら気付かず己の利権の為なら支那に国の財産をを売り渡す政治家を国政に送り出してる。愚かとしか形容しがたいが、悲しいことだがこれが「保守王国和歌山」の現状だ。このように本来の保守と言う形から大きくずれてしまっている。

革新派の他国の基本姿勢は今までの体制では国が悪くなる、だから制度を変えて行きましょうと言うのが大前提だが、日本の革新派は戦前の日本は悪かったから日本を消滅させてシナの属国にするのが大前提であり大義なんであろう。歪みきった地方紙の典型的な北海道や沖縄発の新聞を読めば大方理解出来ると思う。

話が長くなり横道に入ってしまいました。(汗)本題は以下の記事です

次の記事を読んで貰えば如何にかつての自民党、民主党の政治家が戦後の腐りきったイデオロギー故、支那・朝鮮に対し媚を売り続けた結果、どれだけの国益を損失したかが伺える。 

KOKKAI PRESS宇田川的ニュースのC級解説

怒りを通り越して呆れるばかりであるが、先に書いたけど現在は既に内なる敵による毅国運動が沸点に達したと述べた。沸点に達したらそれ以上熱は上がらず、そのまま継続していたらその物自体は蒸発して消えてしまう。したがって自己否定を繰り返し祖国を陥れるスローガンが沸点に達した今、その闇の炎を今すぐ消さねば日本という国の枠組みが消えてしまう可能性は大きい。

かつて世界の人々から尊敬の念で見られていた先人達、しかしその先人たちの功労を台無しにしてしまってるのが、その子孫であることを認識するべきだと思う。国を憂う、とても良い言葉だと思います。多難な時代に差し掛かってる今、国民が国を憂う気持ちを取り戻す事が急務ではなかろうか。


IMG_1508-001.jpg

これは紀州の日本酒「はらから」 アジアで唯一他国の侵入を許さなかった国、万世一系の皇室を頂く国だからこそ似合う言葉だと思いますね。

スポンサーサイト

イデオロギー | trackback(0) | comment(1) |


<<誇り溢れる祖国 | TOP | 本牧綺談>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ベールを被ったヤハウエより 

夜分に、かんばんわ~!
横浜のネオンを見に来まスた。

取り急ぎ、としぼんさんへプレゼンス! 
OLD TIMES AND NOW OF HONMOKU (SATELLITE VIEW) : 本牧の今と昔
http://www.photoclip.net/blog/2007/11/03/honmoku-yokohama-1982-nagai-heights-1985/

今回の記事を読み「世界で最も反日なのは日本である」。
この一文に尽きると"はらから"思いました。
米国や中国は愛国心教育の教材として特攻隊が残した遺書を活用してます。

英霊を尊敬しない日本人に米・中・韓・露を責める資格があるのかと・・
・・いんや、あろうがなかろうが言うべき事を言わねば変わらない。
おっしゃる通り腰抜け売国奴を選ぶようなアホ国民も、
早急に覚醒させないといけませんね。
単なるアホならまだしも、 途方~もないアホだからコッチの血管が切れまスた!
>< ありゃりゃ~?

2012/03/07 17:55 | ヤハウエ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://toshibon0303.blog.fc2.com/tb.php/14-7ceb655a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。